スポンサーサイト

--.--.--(--) | EDIT

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

--:-- | Comment(-) | Trackback(-) | PageTop↑

無題

2016.09.18(Sun) | EDIT

 父親のことを書いたのがここだったな、と思い出してこのブログを書いています。
 備忘録のようなものだと思ってください。

 今日の夜中、犬が息を引き取りました。15歳でした。きっと老衰でしょう。
 数日前から歩けなくなり、二日ほどは何も食べられなくなりました。あれだけ食べるのが好きだったのに。
 覚悟はできていた。けれどやっぱり悲しいですね。

 連休の初日でした。何となく悪い予感はしていました。
 今でこそ白状できますが、私はいつもつらいことから逃げてばかりです。父のときも病院には行きたくなかった。介護なんて、いつかできる日がくるのでしょうか……。
 犬の介護は一週間足らずでしたが、少しは協力できたかと思うのです。
 でももうダメだと思いました。仕方ないと思いこまないとやっていられませんでした。老犬だったのが幸いでしたが、これが若かったらと思うと、自分のその考えにずっと疑問を持ち続けていたでしょうね。でも本当に、やっていられなかったのです。
 せめて看取ろうと思いました。自分の見ないうちに息を引き取っていたら、自分は楽だったと思います。でも誰も一人で死ぬなんて怖いでしょう? だから今回は絶対逃げずに向き合おうと思ったのです。最期の瞬間、せめて一緒にってね。
 結果的には、看取りました。本当に良かった。
 夕食後、何となくああもうダメだと思ったのです。それまでときどき鳩が鳴くようにくるくる鳴いていた声もなくなり、口から血が流れていました。前足を握ったら冷たい。でも鼓動は感じました。母が添い寝をしていたので、私は反対側でずっと前足を握っていました。母はうたたねをしていました。静かだとやりきれないので、テレビはつけっぱなしでした。パラリンピックで誰かが銀メダルを取ったと報道がありました。
 日付が変わって0:30、それまでずっと顔を上げなかった犬の前足に力が入り、頭を持ち上げました。ぎょっとして、私は母を起こします。犬は起きた母を見て、顔を寄せて、口を開けて、撫でてもらってから顔を下ろして眠りました。苦しまずに、静かに眠りました。呼吸で動いていたお腹はもう動きませんでした。
 おりこうだったねえ、と撫でてもらって安心したのかな、と思いました。しばらく母は犬を撫でていました。
 この人はどうしてここまで強いのかな、と今も思います。どうして泣かないの。私にはこうはなれないと思います。本当に、すごい人です。

 でも私は逃げませんでした。それだけは本当に良かった。最期を見られた。手を握っていることができた。
 自己満足です。でも看取るってそういうことだと思います。

 父親も向こうで再会を喜んでいるような気がします。おおよそ八年ぶりかな?
 犬は五日前に誕生日を迎えて逝きました。人間のケーキやクッキーも、最後はやりました。おいしそうに食べていました。良かったと思います。

 うちの人が死ぬときはたいてい雪か雨です。今日も雨が降っています。
 また会おうね。おやすみ。
スポンサーサイト

一年に一度は何かしら書きたいですね

2013.07.28(Sun) | EDIT

 季節は夏です。暑いですね。
 このところの夏は猛暑でない日の方が珍しいのですが、慣れてしまえば意外と耐えられます。

 前回の記事からは随分時間が経ちました。
 年度が変わり、保育士の私は新たなクラスで楽しく担任をしています。
 昨年度担任していた子どもたちは今小学校一年生で、この間久し振りに会う機会がありました。いつの間にか背が伸びていて、何だか大人びて見えます。これからの成長がとても楽しみです。みんな元気に大きくなりますように。

 ところで、保育士をしていると 小学生の子どもたちはとても大きく見えます。
 小学校で働いている母はそうでもないとのことですが…やはり環境に左右されてしまうみたいですね。

 中学生にとっては、小学生は小さく見えます。高校生にとっては、中学生は子どもだと感じます。大学生になると、高校生以下の子を見ると何だか微笑ましくなりますね。
 大人になってしまえば、学生はまとめて「子ども」になってしまうのに。…ただし、それぞれがとてもまぶしい。
 今20代の私も、いつか「20代の若者」を客観的に見る日が来るんでしょうね。優しい目で見られたら良いな…と思います。

 ところで、過去の卒業アルバムを見てみると意外と楽しかったです。
 あの時に一瞬だけ戻りたいですね。
 そして当時親切にしてくれたあの人にちゃんと目を見てお礼を言いたいのです。

十二月のとある行事について

2012.12.09(Sun) | EDIT

 「サンタさんはね、本当に信じてないと来てくれないんだよ!」
 そんなことを言った子がいました。
 そうだね、信じていればその存在は本当に「いる」ものになるんじゃないかな。
 来てくれるかどうかは分からないけれど、「いる」と「いない」とではだいぶ違う。
 自分の身の回りにある事実がどうであれ、存在を信じ続けることはきっとできるよ。
 サンタさんは、みんなの中に、間違いなくいます。
 そんなことを思う先生でした。

 私にとってクリスマスは、実感の湧かない、名前だけの行事になってしまいました。
 でも、そんな行事も子どもたちにとっては大切なものです。
 子どもにとって大切なものを、私も大切にしたいと思います。

 雪が降りました。寒いですね。

自分のもとにあるものはそのうちなくなります

2012.12.02(Sun) | EDIT

 すっかり冬ですね。寒いです。
 少し前に桜と梅の盆栽を買ってみたんですが、桜の方は葉っぱが完全に落ち切ってしまいました。
 何だか見た目寂しいですが、芽がしっかり出てきています。春が少し楽しみになりました。

 何だかちょっぴり愚痴です。
 私の周りには、おめでたいことよりも不幸なことの方がよく起こります。特にここ五年の間は。
 結婚式というものに出席したことはあるのですが、幼かったので記憶はありません。
 それに比べて、お葬式その他の法事の多いこと…。ここ最近立て続けに親族が亡くなっておりますので、年賀状が書けません。
 何だか暗くなっちゃいます。周りの人がいなくなってばっかりですもん。
 あーあ、知り合いの人たち誰か結婚しないかな。

 最近、大学で学んだことをふっと思い出すことが増えてきました。
 今は保育士の私ですが、在学中は保育関係の授業以外にも、心理学やら哲学やらの授業を取っていたことがありました。
 その中に、「心の哲学」というものがありました。
 「心」とは、どこにあるものなのか?「心」と「体」はどのような関係にあるのか?
 そんなテーマで、半年間。とても興味深いものでした。
 もともとはデカルトが掲げた問題だったそうですが、本当にたくさんの説があります。
 精神と身体は別々にあって、相互に作用するものだとか、いや、精神=身体でしょ?だから心なんてないもしくは体なんてない…なんて考えもあります。心身二元論だとか、提唱されているものの名前はほとんど忘れてしまいましたが。
 その中でも何だかめちゃくちゃ印象に残っているものがあります。
 「全ては、自分の心が生み出したもの。だから物体なんてない」という考えです。
 とりあえず調べたら、「唯心論」というみたいです。
 外で出会う他人も、そこらにいる動物も、木も車も空も山も、全て自分が見ている・感じているものは自分の心が作ったものである。
 だから、自分が死ねば世界も消える。そんな内容です。
 何かこう、考え様によっちゃとっても危険な思考なのですが…だって人殺ししたっていいわけでしょぶっちゃけ。悲しむ他人も幻想なわけですから。
 潜在的な意識から、そのような考えを信じることはできませんが…何だか「ああ、そう考える人もいるのか」と思ってしまいました。

 「他人」と「自分」という存在に目を向けると、いろいろと考えてしまいます。
 例えば、空の色は青でしょう。私が見ている青と、あなたが見ている青と、全く同じなんでしょうか?

 哲学って余裕のある人にしかできないものですが、何だかんだで面白いです。
 山にこもってぼけーっとそういうことを考えながら暮らしてみたいですねえ。

寒くなりましたね

2012.10.31(Wed) | EDIT

明日から11月です。月末月初は忙しい…。

ところで、今日はハロウィンですね。
私はこの日を行事として特に重視はしていませんが、何となく雰囲気が好きな日ではあります。
ちなみに、ハロウィンというお祭りは、「万聖節」という日の前夜祭だ…って、ご存知でした?前夜祭なんですよ。
お盆みたいなものってどこかで聞いたような気がするんですが…違ったかな。

明日はお休みの日です。
深夜のドライブにでも行ってみましょうかねー。

プロフィール

いなさ

Author:いなさ
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。