バックナンバー

スポンサーサイト

--.--.--(--) | EDIT

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

--:-- | Comment(-) | Trackback(-) | PageTop↑

朝焼けと夕焼けでは夕焼けの方が好きです

2011.02.23(Wed) | EDIT

最近思うことがいろいろとあるのですが、
「知らないこと」って結構怖いものなんだなあと。
情報が無いと困るよね…という話ではなくて、時代の移り変わりだとかそういった内容の話です。
未知のものに対する恐れが、私たちにはあるのではないかなーと。

例えばのお話ですが…。
これから先の社会がどう変わっていくか想像する機会なんてあまりないと思います。
もしかしたら数年後には日本という国がなくなっているかもしれない。
気付いたら日本に武士が復活している可能性もなくはない。
憲法の9条が廃止されて日本が戦争に参加したり、政府がなくなったりしているということもあるかもしれない。
想像するだけならばタダですが、いざ本当に起こるとなるとどうでしょう?怖くはありませんか。
人は変化を嫌う性質をもつようです。
実際、「言葉の乱れ」が問題視されていたり、「若者の○○離れ」が鋭く報道されていたりします。

ですが、ちょっと考えてみるとそれもどうなのかな、と思います。
平安時代の人から見ると、江戸時代の言葉も「乱れ」かもしれません。
「若者の農業離れ」なんて、かなり前からあったでしょう。今はそこまでうるさく言われますか。
私たちの前の世代の人々が「未知」を経験してこそ、今があるのではないでしょうか。明治維新などが良い例です。
これから先の変化は、厭うものでしょうか。
日本が消滅することも、もしかしたら時代の流れによって起こるかもしれません。
防ぐべきでしょうか?防ぐことができるでしょうか?
もし時代が悪い方向に進んでいるのなら見直すべきですが。

本当に人に求められる力というのは、時代に適応していく力ではないかと思います。
過去を懐かしむということも良いでしょう。ただ、過去にしがみつくだけ…というのも困りものです。
必要なのは、過去から学んで反省し、未来に生かしていくことです。

未来は、私たちが思うよりも開けているかもしれません。
大衆の力が必要ですが、社会を大きく変えていくことだってできるかもしれないのです。
だって、まだ成立していない事項は不確定ですもの。
私たちは意外と空白の中を生きることができるのです。
それには大きな力と忍耐と努力が必要ですがね。どれだけの人がついてくるでしょうか…。

「なんとなく生きる」ことほど楽なものはありません。埋没しないようにしないと。
スポンサーサイト

プロフィール

いなさ

Author:いなさ
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。