スポンサーサイト

--.--.--(--) | EDIT

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

--:-- | Comment(-) | Trackback(-) | PageTop↑

自分のもとにあるものはそのうちなくなります

2012.12.02(Sun) | EDIT

 すっかり冬ですね。寒いです。
 少し前に桜と梅の盆栽を買ってみたんですが、桜の方は葉っぱが完全に落ち切ってしまいました。
 何だか見た目寂しいですが、芽がしっかり出てきています。春が少し楽しみになりました。

 何だかちょっぴり愚痴です。
 私の周りには、おめでたいことよりも不幸なことの方がよく起こります。特にここ五年の間は。
 結婚式というものに出席したことはあるのですが、幼かったので記憶はありません。
 それに比べて、お葬式その他の法事の多いこと…。ここ最近立て続けに親族が亡くなっておりますので、年賀状が書けません。
 何だか暗くなっちゃいます。周りの人がいなくなってばっかりですもん。
 あーあ、知り合いの人たち誰か結婚しないかな。

 最近、大学で学んだことをふっと思い出すことが増えてきました。
 今は保育士の私ですが、在学中は保育関係の授業以外にも、心理学やら哲学やらの授業を取っていたことがありました。
 その中に、「心の哲学」というものがありました。
 「心」とは、どこにあるものなのか?「心」と「体」はどのような関係にあるのか?
 そんなテーマで、半年間。とても興味深いものでした。
 もともとはデカルトが掲げた問題だったそうですが、本当にたくさんの説があります。
 精神と身体は別々にあって、相互に作用するものだとか、いや、精神=身体でしょ?だから心なんてないもしくは体なんてない…なんて考えもあります。心身二元論だとか、提唱されているものの名前はほとんど忘れてしまいましたが。
 その中でも何だかめちゃくちゃ印象に残っているものがあります。
 「全ては、自分の心が生み出したもの。だから物体なんてない」という考えです。
 とりあえず調べたら、「唯心論」というみたいです。
 外で出会う他人も、そこらにいる動物も、木も車も空も山も、全て自分が見ている・感じているものは自分の心が作ったものである。
 だから、自分が死ねば世界も消える。そんな内容です。
 何かこう、考え様によっちゃとっても危険な思考なのですが…だって人殺ししたっていいわけでしょぶっちゃけ。悲しむ他人も幻想なわけですから。
 潜在的な意識から、そのような考えを信じることはできませんが…何だか「ああ、そう考える人もいるのか」と思ってしまいました。

 「他人」と「自分」という存在に目を向けると、いろいろと考えてしまいます。
 例えば、空の色は青でしょう。私が見ている青と、あなたが見ている青と、全く同じなんでしょうか?

 哲学って余裕のある人にしかできないものですが、何だかんだで面白いです。
 山にこもってぼけーっとそういうことを考えながら暮らしてみたいですねえ。
スポンサーサイト

コメント

タム #51JBegfs

心の問題は難しい

理性ではわかっていても制御できない面もありますからね。
悪いことがずっと続くなんてことはないから、きっとどーんといいことがこれから来るんだと思います。

そうそう、我が家の庭の梅も、よくみたらしっかりと春に咲くつぼみを準備していましたよ。季節がめぐれば花は咲く。
いなささんの梅と桜も、春に咲くのが待ち遠しいですね。

花も果報も、ただ待つのみです♪

2013.01.06(Sun) 16:02 | URL | EDIT

PageTop↑

コメントの投稿


プロフィール

いなさ

Author:いなさ
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。